薬剤師の薬科大学の必要性

薬科大学は、教育制度が変更したことにより、数年前から増設されているわけですが、こんなにも多くの薬科大学は、本当に、必要なのか? 6年制が卒業した際に、その人数を受け入れるような職場の需要は、実際、ないと思えます。 薬科大学が6年制になったのも、そもそも医師と対等の地位へ引き上げる、というような目的や4年制という期間内には、実は、薬学を習得するには期間が足りないという意見が色々と飛び交っているわけですが、実際のところ、こうした経緯の本質は、いかなるものか?

大学の中には、1・2年生の間の教育の中には、高校の延長のような授業内容のところもあり、尚且つフランス語の授業を盛んに増やすというところもありますが、実際4年制を6年制にする意味は、どこにあるのか?

最後の4年制卒業後の空白の2年間を除いては、毎年1万人近くの薬剤師が誕生しており、6年制になったところで、その地位を医師の地位に上げるという事は、不可能ではないか?とも思えます。 これから、でてくる薬剤師によって、薬剤師として知識の低い場合は、淘太されるというなら、まだ理解もできやすい部分はありますが、おそらくは、この日本の状態を考えるに、そうしたような事は起こらない事は、容易に考えられます。 薬剤師を増やす事、薬剤師の6年制にした事により、また薬科大学を増設した事によって、薬剤師は、当然、今より増える事は確かで、毎年1万人野薬剤が誕生しているわけですから、今後益々、急増となる事も十分推測できますが、こうして薬剤師を増やすことは、薬剤師の地位を医師のような、という思惑から外れ、逆に、薬剤師の地位を益々下げる、という考えの方も実は多いのです。

むしろ、今の状況が、実は数年後、今よりも薬剤師の地位を下げることになるのでは?と考えている薬剤師さんも多いという事も確かで、その中から、薬科大学をなぜ6年制にしたのか?増設したのか?という点に疑問を抱くという方も非常に多いのです。

ある専門家は、薬剤師の教育制度を4年制から6年制にした事には、やはり教育期間が短すぎて、必要な薬学知識をその4年間に教育することは難しいと言っておられましたが、実際、意味のない授業をし、フランス語の授業などを取り入れ、それが薬学に通ずる教育なのか?という事を考えると、実際、意味があるのか?と思うところですが、その専門家が言うには、薬剤師の質を高め、その教育をするにあたり、薬剤師の教育には、6年間は必要であると断言していましたね。 結論的には、賛否両論であり、疑問も非常に感じるというところです。

※少ないと言われる<薬剤師求人・調剤薬局>は一昔前の話で薬剤師さんの転職先の数は増加傾向にあります。

Copyright (C) 2007-2014 [薬剤師の薬科大学の必要性]. All Rights Reserved.